ハイフ

ハイフ

こんな方にオススメ

  • フェイスラインをスッキリさせたい
  • 法令線、マリオネットラインが気になる
  • 切開や注射に抵抗がある
  • 顎下のたるみをどうにかしたい
  • お肌の弾力やハリがなくなってきた
  • 目元のたるみが気になる

切らないたるみ治療

肌は、外側から表皮・真皮・皮下組織・SMAS筋膜と何層にも分かれており、そのなかでもSMAS筋膜がゆるむことによって皮膚のたるみが生じます。
このSMAS筋層への治療はこれまでフェイスリフトなどの外科手術でしかアプローチできませんでした。
HIFUはこのSMAS筋層にも届く超音波を照射することで、リフトアップができるたるみ引き締め治療です。
また、エステHIFUと医療HIFUではレーザーの出力が大きく異なります。
エステで使用されているHIFUはハリが出る程度であり、筋層からたるみやほうれい線を改善できるのは医療ハイフになります。

コラーゲンやエラスチンの減少が起きる真皮層(1.5mm)
支持靭帯のゆるみ、脂肪の下垂が起きる皮下組織・皮下脂肪層(3.0mm)
表情筋の老化 ( たるみ ) に関与する SMAS 筋膜(4.5mm)

効果

HIFU照射で肌の土台となるSMAS筋膜へと作用します。
ゆるんだ肌を土台から引き締めるため、フェイスライン全体がスッキリします。また、しわやほうれい線など、たるみが原因で起こるエイジングの悩みに対する働きかけも期待できます。

HIFUを受けた肌はダメージを修復しようとします。その際、肌本来に備わっている再生機能により、コラーゲンが生成されます。
生成されたコラーゲンが肌のたるみを解消し、弾力アップにもつながる仕組みです。
個人差はあるものの、施術直後から変化を実感できます。また、コラーゲンが増え始める1~3ヶ月後に、更に変化を感じる人が多いです。

HIFUを受けることができない方

ペースメーカー、埋込式除細動器、金属系(金属プレート)などを体内に埋込んでいる方糖尿病、心臓疾患、悪性腫瘍、発熱、感染、皮膚疾患、ケロイド体質の方過去に同様の治療を受けて異常反応があった方ご希望部位に無治療の皮膚炎や感染がある方、金の糸を過去に挿入された方

HIFUを受けるにあたって注意が必要な方

妊娠中の方、またはその可能性のある方、3ヶ月以内にボトックスや注入系の施術を受けられた方はお申し出ください。

治療について

おすすめモデルプラン

  • ハイフ
  • イントラジェン
  • エレクトロポレーション

ハイフでSMAS層からしっかりと引き締めた後、さらにイントラジェンで浅い層をしっかり引き締めることができます。また、熱がたくさん入る為乾燥しやすくなるので同時にエレクトロポレーションで真皮からしっかり保湿することをオススメします。

  • ハイフ
  • ボトックス

ハイフでSMAS層からしっかりとお肌を引き締めお顔をスッキリさせた後、さらにボトックスで眉間や額等の深いシワを改善していくことで若々しくなります。